岐阜県多治見市のクリニック・産科、妊婦検診、婦人科、不妊相談

お問い合わせ先0572-25-8882
初診で診察される患者様へ
診察申込書
問診票
不妊治療問診票

季節の便り

亥の子

「亥の子」とは、亥の月(旧暦10月)最初の亥の日、今年ですと1110日にあたります。
古代中国から平安時代に宮中に伝わり、一般にもお祝事として様々な形で現代に伝わっています。
無病息災と子孫繁栄を願い、亥の月、亥の日、亥の刻(21字〜23時)に食べるお菓子が「亥の子餅」で、源氏物語にも登場します。
餅といっても、小豆餡を雑穀や栗を混ぜ込んだ薄皮で包んだものが多いです。
残り僅かになりましたが、今年は亥の年でもあります。縁起物にあやかり11月の「亥の子」を中心に週1回程度、亥の子餅をお出しする予定です。
長野の小布施の「いちむら」製の品になります。
https://www.wagashi-ichimura.jp/

小布施中心部は大丈夫だったとの事ですが、周辺は復興には程遠い状態だそうです。隣県の豪雨災害にも心寄せていたいものです。
10/29
亥の日には、年に1日限定販売の「たねや」製を用意させて頂きました。

2019年11月02日

見頃の花

エントランスの花を夏向けに植え替えました。
そして枯れたと思っていたテッセン、
15年程前に花フェスタで小さなポットで購入した薔薇も満開を迎えました。
日陰のプランターは釣船草(キツリフネ)です。
花より先に種を作る閉鎖花とのこと、種が膨らんできて花芽も出来てきました。
暑さに弱く見頃は短いですが、花の形は可憐で、種はホウセンカの様にパチッと爆ぜ、こぼれ種で毎年花を咲かせてくれます。
良かったら、覗いてみてください。

 

2019年05月23日

季節のお菓子

花冷えというには辛いくらい寒い朝晩もありましたが、桜や芽生えなど四季の良さを実感できる頃になりました。
4/3は、旧暦のお雛様でした。折にふれて、おやつも季節や日本らしさを感じて頂ける様に工夫しています。
オレンジのココットは、自家製の白下糖プリンです。タンポポ茶とともに。
白下糖は、四国の三谷製糖さんから取り寄せています。
こちらの和三盆も、季節に合わせて添えています。硬さと甘さ、そして口どけ感が絶妙です(^ ^)

  

2019年04月05日

深夜の大掃除

年に何度か、窓拭き、床の清掃とワックス掛けを 業者さんに行なってもらっています。 
バリアフリー、院内全て土足の当院には、欠かせない作業です。 
24時間営業のため、出入りの少ない土曜日の午後から日曜日深夜から朝方の作業です。 
お産などで、後日改めてになる場所もありますが、こちらの都合を最優先にして、仕事してもらえています。 
まさに縁の下の力持ちです。

2018年10月25日

名残の新玉ねぎ

今年も野菜を作ってるスタッフより、シーズン終わりに、大量の新玉ねぎを頂きました。
スタッフ一同ありがたいばかりです。 

大好きな新玉料理(^^;;?と言うには、恥ずかしい一品ですが……… 
(1)半分に切って(小玉は丸ごと)、耐熱皿へ。 塩、胡椒、オリーブオイルかけて
(2)水を張ったグリルで、強火で約15分 新玉らしい生っぽさも残し、甘みが更に増した 熱々を一枚ずつ外しながら頂きます(^^) 

コンロのグリルは、高さ5センチ位まで大丈夫です。 
焼いた後、スープにしたり、チーズやトマト(缶や紙パックも便利)、ベーコンなどを足してアレンジするのもおススメです。。

2018年06月15日